Brel et Barbara / Bejart Ballet Lausanne

brel barbara bejart

振付:モーリス・ベジャール
出演:ジル・ロマン/エリザベット・ロス
収録:2005年4月 ローザンヌ / 本編52分 + ドキュメンタリー52分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

BBLの「ブレルとバルバラ」とそのドキュメンタリー。海外版ですが、ドキュメンタリー部分には日本語字幕も入ります。


商品情報

海外|DVD(Universal) Release: 2007/01/31

FORMAT:NTSC / REGION:0

欧州|DVD(Universal Music France)

FORMAT:PAL / REGION:0

クレジット

振付
モーリス・ベジャール Maurice Bejart
シャンソン
ジャック・ブレル Jacques Brel
バルバラ Barbara
衣装
ジャン=ポール・ノット Jean-Paul Knott
照明
Clement Cayrol

出演

Gil Roman / Elisabet Ros / Julien Favreau / Catherine Zuasnabar / Ruth Miro / Victor Jimenez / Thierry Deballe 他

収録

  • 「Rosa(Brel)」
  • 「La Solitude(Barbara)」
  • 「Litanies Pour Un Retour(Brel)」
  • 「Chapeau Bas(Barbara)」
  • 「Ne Me Quitte Pas (Brel)」
  • 「Dis Quand Reviendras-Tu?(Barbara)」
  • 「La Valse A Mille Temps(Brel)」
  • 「Avec Elegance(Brel)」
  • 「l'Aigle Noir(Barbara)」
  • 「Mijn Vlakke Land (Brel)」
  • 「Le Bon Dieu(Brel)」
  • 「La Valse A Mille Temps(Brel)」
  • 「Quand On N'A Que L'Amour(Brel)」

感想

「ブレルとバルバラ」は映画「ベジャール、バレエ、リュミエール」の中にもちょっと出てくるので本編が見たいなーと思っていました。映画の中で「黒い鷲」を踊っていたのはオクタヴィオくんでしたが、こちらの映像ではデニス・ヴァスケが男前に踊っております。

この作品ではロスとロマンというBBLの双頭が本当に美しくて詩的で、シャンソンの歌詞がわからなくても泣けてくる位なんですが、その辺のことはドキュメンタリーの方を見るとすごくよくわかります。ジル・ロマンは元々ブレルが大好きなんですって。だから彼が踊ると同時に、彼も一緒に歌っているような気がするのかな。ジルがたくさん踊っているので、彼のファンは必携でしょうね。ドキュメンタリーでもたくさんおしゃべりしているし。

ベジャールの作品は時に入り込めないものがあるのですが、これはとても美しくてすごく好きです。光の使い方が素敵だし、映像全体に暖かさがある気がする。ブレルとバルバラの歌声が、間違いなく作用しているのだと思います。シャンソンの歌詞を知りたいな。


この記事の更新履歴

  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス