Opera de Paris - a l’ecole des Etoiles

noimage

出演:クロード・ベッシー、ブリジット・ルフェーブル、マチルド・フルステー、ローラ・エケ 他
制作:2002年 / 90分

録画

CSで録画。パリ・オペラ座の「エトワール」という特別な階級についての想いを、任命する側、される側、目指す人、なった人、といろんな立場からの発言を聞きつつ、彼らが日々ストイックに踊り、役を追求する様子を映し出す。それと同時に、オペラ座バレエ学校の最終学年のレッスンにも密着し、入団試験を受けるまでの様子を追っていました。


クレジット

脚本・監督
ジェローム・ラペルザ Jerome Laperrousaz

インタビュー / コメント

クロード・ベッシー Claude Bessy / ブリジット・ルフェーブル Brigitte Lefevre / ギレーヌ・テスマー Ghislaine Thesmar / ローラン・プティ Roland Petit

ニコラ・ル・リッシュ Nicolas Le Riche / オレリー・デュポン Aurelie Dupont / ローラン・イレール Laurent Hilaire

エレオノーラ・アバニャート Eleonora Abbagnato / マリ=アニエス・ジロ Marie-Agnes Gillot / クレールマリ・オスタ Clairemarie Osta / レティシア・プジョル Laetitia Pujol / ウィルフリード・ロモリ Wilfried Romoli

マチルド・フルステー Mathilde Froustey / ローラ・エケ Laura Hecquet / エミリ・アスボン Emilie Hasboun

シャルロット・ランソン Charlotte Ranson / マリ=レティシア・ディエデリッシュ Marie Laetitia Diederichs / メディ・アンゴ Medhi Angot / ロレーヌ・レヴィ Laurene Levy / シンシア・シリベルト Cynthia Siliberto

5年生
Medhi Angot / Alexis Bourbeau / Vincent Chaillet / Marie Laetitia Diederichs / Estelle Fournier / Mathilde Froustey / Stephanie Gerbal / Emilie Hasboun / Josua Hoffait / Laura Hecquet / Alexandre Laforgue / Laurene Levy / Charlotte Ranson / Cynthia Siliberto

収録

  • 「クラヴィーゴ」 Clavigo
  • 「ラ・バヤデール」 La Bayadere
  • 5年生バー / フロア レッスン
  • 5年生座学
  • 5年生アダージオのクラス
  • 5年生「JAZZ」
  • 「ル・パルク」 Le Parc
  • テスマーとアバニャートのバーレッスン
  • 5年生デモンストレーション
  • 「嵐が丘」 Wuthereing Heights
  • 「ドン・キホーテ」 Don Quixote
  • 5年生「ラ・フィーユ・マル・ガルテ」 La Fille Mal Gardee
  • 5年生クラスレッスン
  • 5年生「ウェスタン・シンフォニー」 Western Symphony
  • 入団試験の結果発表(マチューが画面を横切った!笑)

    合格者:マチルド・フルステー Mathilde Froustey / ローラ・エケ Laura Hecquet / エミリ・アスボン Emilie Hasboun / ジョシュア・オファルト Josua Hoffalt / ヴァンサン・シャイエ Vincent Chaillet

感想

密度の濃いドキュメンタリーでした。2002年当時はまだプルミエだったオスタ、ジロ、ロモリが語るエトワールへの想いは、彼らがエトワールになった今聞くと格別な感慨があります。ちょうどこのドキュメンタリーの撮影期間にエトワールに昇進したプジョルの存在は、きっと制作側には「美味しい」ところだったでしょうね(笑)。バレエ学校側ではマチルド・フルステーにスポットが当たっていました。当時のエトワールとプルミエは全員何かしらで画面に映っていたと思います。

個人的に一番印象に残っているのは、ジロが側彎症のために、かなり長い期間、レッスン以外の時間はコルセットをつけていたという話。初耳だったので驚いたということもありますが、子供の頃だからそれで治ったのだろうけど子供の頃だからこそ苦痛だっただろうなぁと。あとは、ギレーヌ・テスマーさんがプルミエのオスタ、ジロ、プジョル、アバニャートの4人について美点と欠点を挙げていたこと。などなど。

「嵐が丘」と「クラヴィーゴ」はファーストキャストの映像だけでなく、セカンドキャストが踊るところが見られたのも嬉しかったですね。「クラヴィーゴ」はペッシュとアバニャート、「嵐が丘」はプジョル、ベランガール、ベラルビのリハ。もう一人は誰だかわからなかったけど・・・

そういえば入団結果が発表になったところをマチューが通り過ぎていったのが笑えました。入団できなくて号泣していた男の子、メディ・アンゴ Medhi Angotくんは「JAZZ」でフルステーをサポートせずに倒しちゃったコだったと思いますが(^^;) 現在はイングリッシュ・ナショナル・バレエに入団しているようです。ENBのプロフィール写真見に行ったら、当時の少年ぽさが抜けて別人のようになってました(笑)。