l'Ange Bleu(Blue Angel Ballet) / Ballet National de Marseille

Blue Angel Ballet

振付:ローラン・プティ
出演:ドミニク・カルフーニ/ローラン・プティ
収録:1985年 マルセイユ歌劇場 / 78分

画像リンク先:amazon.co.jp - 北米版VHS

CSで録画。カルフーニはちょっと凄みのある悪女を演じています。


商品情報

北米|VHS(Kultur Films)

FORMAT:NTSC

クレジット

原作
ハインリヒ・マン Heinrich Mann
振付
ローラン・プティ Roland Petit
音楽
マリウス・コンスタン Marius Constant
装置
ジョセフ・ゾォボダ Josef Svoboda
衣装
フランカ・スカルシャピノ Franca Squarciapino
指揮
エドガー・コスマ Edgar Cosma
演奏
アンサンブル・アルス・ノヴァ Ensemble Ars Nova

キャスト

ローラ
ドミニク・カルフーニ Dominique Khalfouni
ウンラート教授
ローラン・プティ Roland Petit
ローマン
ジャン=ピエール・アヴィオット Jean-Pierre Aviotte

感想

「嘆きの天使」はマレーネ・デートリッヒのデビュー作として有名な映画ですが、CSでバレエになった文学作品、という括りに入っていたのがピンとこなかったのですが、元はその映画もハインリッヒ・マンの「ウンラート教授」という作品が元になっているのだそう。

カルフーニの美しい脚も見事ですが、プティの「教師から道化へ転落する男の悲哀」がこのバレエの一番の見所でしょうか。プティはこの手の悲哀を演じさせたら一流ですねー。本人もお好き?カルフーニに対しては今まで「キラキラと天真爛漫な美女」という印象しかなかったのですが、この役はいわゆる悪女の系統で、とても新鮮でした。脚線美も見事で、プティとすればデートリッヒと関連づけたくなるのもわかりますよね。