Art of Maria Tallchief

出演:マリア・トルチーフ 他
収録:Various / 83分

画像リンク先:amazon.co.jp - 海外版DVD

以前VHSで発売されていた「Maria Tallchief - Her Complete Bell Telephone Hour Appearances 1959 - 1966」と「Maria Tallchief in Montreal」の2つをDVDに収録したもの。「In Montreal」のほうはCSで「マリア・トルチーフ出演 傑作舞台集」として放映されていました。


商品情報

海外|DVD(Video Artists International:VAIDVD4234) Release: 2003/09/01

FORMAT:NTSC / REGION:0

収録

Maria Tallchief - Her Complete Bell Telephone Hour Appearances 1959 - 1966
  • 「スコッチ・シンフォニー」よりアダージオ "Scotch" Symphony

    音楽:フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
    振付:ジョージ・バランシン George Balanchine
    マリア・トルチーフ / アンドレ・エグレフスキー Andre Eglevsky
    放映:1959年4月9日

  • 「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ Don Quixote

    音楽:ルードヴィヒ・ミンクス Ludwig Minkus
    振付:マリウス・プティパ Marius Petipa
    マリア・トルチーフ / エリック・ブルーン Erik Bruhn
    放映日:1961年1月6日

  • 「ゼンツァーノの花祭り」パ・ド・ドゥ Flower Festival in Genzano

    音楽:エドヴァルト・ヘルステッド Edvard Helsted / ホルガー・シモン・パウリ Holger Simon Paulli
    振付:エリック・ブルーン Erik Bruhn
    原振付:オーギュスト・ブルノンヴィル August Bournonville
    マリア・トルチーフ / ルドルフ・ヌレエフ Rudolf Nureyev
    放映日:1962年1月19日

  • 「アレグロ・ブリランテ」 Allegro brillante

    音楽:P.I. チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
    振付:ジョージ・バランシン George Balanchine
    マリア・トルチーフ / Nicholas Magallanes
    放映日:1964年2月25日

  • 「ロミオとジュリエット」バルコニーシーン Romeo and Juliet

    音楽:セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
    振付:ジョン・バトラー John Butler
    マリア・トルチーフ / コンラッド・ラドロー Conrad Ludlow
    放映日:1966年2月13日

指揮:Donald Voorhees / 演奏:The Bell Telephone Hour Orchestra


Maria Tallchief in Montreal
  • 「レ・シルフィード」パ・ド・ドゥ Les Sylphides

    音楽:フレデリック・ショパン Frederick Chopin
    振付:ミハイル・フォーキン Mikhail Fokine
    指揮:Jean Deslauriers
    演奏:カナダ放送交響楽団 Orchestre de Radio-Canada
    マリア・トルチーフ / ロイス・フェルナンデス Royes Fernandez
    放映:1963年3月3日

  • 「パ・ド・ディス」 Pas de dix

    音楽:アレクサンドル・グラズノフ Glazunov
    振付:ジョージ・バランシン George Balanchine / マリウス・プティパ Marius Petipa
    指揮:ヒューゴ・フィオラート
    演奏:カナダ放送交響楽団 Orchestre de Radio-Canada
    マリア・トルチーフ / アンドレ・エグレフスキー Andre Eglevsky / コール・ド・バレエ
    放映:1957年11月15日

  • 「白鳥の湖」第2幕パ・ド・ドゥ Swan Lake

    音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
    振付:ジョージ・バランシン George Balanchine / レフ・イワーノフ Lev Ivanov
    指揮:Paul Scherman
    演奏:カナダ放送交響楽団 Orchestre de Radio-Canada
    マリア・トルチーフ / アンドレ・エグレフスキー Andre Eglevsky
    放映:1954年3月25日

感想

エリック・ブルーンとの「ドン・キホーテ」、ヌレエフとの「ゼンツァーノの花祭り」はブルーンとヌレエフの"ベル・テレフォン・アワー"DVDに収録されているものと同じです。「スコッチ・シンフォニー」もドキュメンタリーで見た事がありましたし、「In Montreal」の方はCSで見ていたので、初見だったのは「アレグロ・ブリランテ」と「ロミオとジュリエット」でした。このロミジュリは何と言っていいものやら、な振付でコメントに困る...。バランシンを踊るトルチーフ、という意味では、「アレグロ・ブリランテ」より「スコッチ・シンフォニー」の方が、私は好きでした。

「ベル・テレフォン・アワー」はカラー収録ですが、「イン・モントリオール」はモノクロ。「イン・モントリオール」の方が、私は好きかな。特に「レ・シルフィード」を踊るトルチーフは(ロシアのダンサーとは全然違う持ち味だけれど)好きです。なお、「パ・ド・ディス」とは「ライモンダ」のパ・ド・ディスのこと。


この記事の更新履歴

  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス