Choreography by Balanchine part 2

「シャコンヌ」「放蕩息子」「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」他

振付:ジョージ・バランシン
出演:ミハイル・バリシニコフ、スザンヌ・ファレル、パトリシア・マクブライド、メリル・アシュレイ 他
収録:1977年 / 97分

画像リンク先:amazon.co.jp - DVD

バランシンの作品集。PBSの「Dance in America」のために収録されたもので、スタジオ撮影。


商品情報

国内|DVD(ワーナーミュージック:WPBS-90078) Release: 2004/09/08
海外|DVD(Nonesuch) Release: 2004/10/04

仕様不明

クレジット

振付
ジョージ・バランシン George Balanchine
指揮
ロバート・アーヴィング Robert Irving
演奏
ニューヨーク・シティ・バレエ・オーケストラ New York City Ballet Orchestra
出演
ニューヨーク・シティ・バレエ New York City Ballet Orchestra

収録

「シャコンヌ」 Chaconne

音楽:クリストフ・ヴィリバルト・グルック Christoph Willibald Gluck
美術:ピーター・ハーヴェイ Peter Harvey
衣装:カリンスカ

スザンヌ・ファレル Suzanne Farrell ピーター・マーティンス Peter Martins


「放蕩息子」 Prodigal Son

音楽:セルゲイ・プロコフィエフ Sergei Prokofiev
台本:ボリス・コフノ Boris Kochno
美術:ジョルジュ・ルオー Georges Rouault

放蕩息子:ミハイル・バリシニコフ Mikhail Baryshnikov
シレーン:カリン・フォン・アロルディンゲン Karin Von Aroldingen


「バロ・デラ・レジーナ」 Ballo della Regina

音楽:ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi
衣装:ベン・ベンソン Ben Benson

メリル・アシュレイ Merrill Ashley / ロバート・ワイス Robert Weiss


「ステッドファスト・ティン・ソルジャー」 The Steadfast Tin Soldier

音楽:ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet
美術:デヴィッド・ミッチェル David Mitchell

パトリシア・マクブライド Patricia McBride / ミハイル・バリシニコフ Mikhail Baryshnikov


「エレジー」 Elegie

音楽:P.I. チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
装置:ピーター・ハーヴェイ Peter Harvey
衣装:ニコラ・ベノワ Nicolas Benois

カリン・フォン・アロルディンゲン Karin Von Aroldingen / ショーン・レイヴァリー Sean Lavery


「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」 Tchaikovsky Pas de Deux

音楽:P.I. チャイコフスキー P.I. Tchaikovsky
装置:ピーター・ハーヴェイ Peter Harvey
衣装:カリンスカ Karinska

パトリシア・マクブライド Patricia McBride / ミハイル・バリシニコフ Mikhail Baryshnikov

感想

バランシンを踊るバリシニコフがたっぷり。特に「放蕩息子」がよかったです。これを見てから私のデフォルト「放蕩息子」はバリシニコフになってしまいました。「シャコンヌ」のファレルはもちろんですが、「バロ・デラ・レジーナ」のメリル・アシュレイもよかったなー。彼女に振り付けられただけあって、とても合っていました。

初演キャストを調べていて、この「Choreography by Balanchine」シリーズに収められた作品は、初演かそれに近い時期の映像が多いのに気付きました。もちろん「放蕩息子」など古くからある作品も入っていますが、もしかしたら、この映像のために作られた作品もあったりするのかしらね?

この記事の更新履歴

  • 2018.08.04 - リンクメンテナンス
  • 2018.01.15 - HMV & BOOKS online 店名変更による差し替え
  • 2014.03.08 - リンクメンテナンス
  • 2012.08.09 - リンクメンテナンス
  • 2009.12.09 - セブンアンドワイ→セブンネットショッピングに変更
  • 2009.03.08 - Warner UK URL追加
vc